高校生が塾に行くメリット7選と、独学に合格する人の特徴とは?

大学受験 

家計的にお金がない、または家庭が大学受験を進めていなく就職すれば良いと思っている、近くに受験に対応した塾がないなど独学で大学受験を目指す理由はさまざまです。

とは言っても大学受験を受ける上で予備校に通うことは言ってみれば当然です。
大学に行きたいから勉強することと同じくらい当然です。

でもあなたは行かずに独学で勉強をすることをしようとしています。

塾に行かずに受験を目指すことはたくさんの不安が付きまとうことでしょう。

この記事では塾に行かないデメリットを紹介した上で、

あなたはこれから独学する上でどのようなことを気をつけて合格を勝ち取る必要があるのか、ということを見ていきたいと思います。

・対象者
独学をせずに大学を受験して合格したい

・この記事を読み終えた後のあなた
独学でも合格する方法がわかる。

塾に行くメリットとは?


塾に行かないと合格する確率は当然下がります。
なぜ塾に行くメリットを理解する必要があるのか?
それは違いを理解した上で自分で補わなければいけないからです。

環境を塾になるべく近いものにするというのが大事なのです。
違いを補うことによりお金を払うことなく大学に合格することが可能になります。

宿題があるのでイヤでも伸びる


塾に行くと次の週までに終わらせないといけないという課題が課されます。
その課題のおかげで勉強が苦手な人であっても少しは勉強に力を入れないといけなくなります。
これがお金の力です。

定期的にテストがある


定期的にテストがあるので、自分が今どのくらいの位置にいるのか、また自分の受けたい大学はどの程度なのか、あるいは自分の受けたい大学のみんなの平均点はどれくらいなのかということをある程度把握することができます。

これにより自分は勉強が足りている方だ、または足りていないから何をすべきなのかを理解することが可能になります。

自習面でもサポートしてくれる


もし学校の勉強などで分からないところが出てきた場合、塾に行って先生を捕まえるとすぐに教えてもらうことができます。
教えてもらうことで分からないことが山積みになることは少なく勉強についていきやすくなります。

モチベーションが維持しやすい


大学受験に限らず受験などの長期的な目標を可能にするにはモチベーションの維持が最重要になっていきます。
もし心が折れそうになっても先生が補助してくれることによりモチベーションを維持しやすくなります。

間違いの指摘


例えば、自分の計画したスケジュールが適切でない場合、先生が指摘してくれます。
また、自分では気付かないような細かいミスなども先生は指摘してくれます。
なので、根本的なミスが減ります。

大学情報が回ってくる


塾は常に大学情報の収集に敏感です。

例えば、この大学は今年倍率が高いから避けた方が良い、など受験に致命的な情報が手元に回ってくるのです。

学校とは違う角度からの学習


あまり偏差値の高くない学校だと同じ範囲をしていたとしても、わからない人むけの教え方であったりすると、わざわざ時間をかけて解く方法を教える学校もあります。
受験は時間との戦いもあるので、塾は早く解ける方法を提示してくれます。

いかがでしょうか?

独学で合格を勝ち取るにはこれらのことを全て自分でこなさないといけないです。
これらをこなすことができるからこそ独学に成功する人がいるのです。

独学に成功している人はこれらのことを自分で補うことができるのです。
では独学で合格するにはどのようなことに注意して何をできるようになるべきなのかを見ていきましょう。

独学で合格する人の特徴とは?

情報の正しい選択


ネットでは塾とは違い嘘や自分の価値観で物事を書く人が大勢います。

例えば、僕は英単語を覚えずに長文で満点が取れます、など。

これは完全に個人的なやり方であり自分がこのやり方をして本当に満点をとるかことができるかわかりません。

もちろん正しい情報もありますが、正しくない、または自分に合っていない情報は切り捨て確実なものだけを取るメディアリテラシー能力を持っています。

周りに流されない


高校生になれば、大学受験しようとするとほとんどの人は塾に通い始めます。

でもあなたは通いません。
みんなが通い始めると、不安が付きまといます。
当然です。
日本人は、多数決の国なのですから。

でもこれに流されずに、他人は他人と割り切れ、自分のペースを崩さないことができることができます。
マイペースの性格の人は、うまくいきやすいかもしれません。

モチベーションを維持できる


モチベーションを維持するという行為が一番難しいのではないでしょうか?

明日のテストで満点を取るなどの短期的目標は誰でもいけます。
でもこれが1年、下手したら3年の長期目標なのです。

長期目標はどうやって達成していくのか?
ということを意識することができます。

自己分析する能力


あなたは勉強をしていてつまづくことはよくありますよね。
塾に行っていればあなたがなぜここでつまづくのか的確に教えてくれます。

しかし、独学は孤独です。
なぜつまずいたのかを自分で分析して解決していかないといけません。
また、塾には行っていないので勉強で分からないところが出てきても一切聞くことができません。
分からないところが出てきたらどうするか決めておくことがしっかりできていて、自分なりの解決方法を知っています。

計画を立てることができる


自分の志望校はここだから後どれくらい勉強をしなければならない、

だから今週は何時間勉強するぞー、など自分が行きたい大学の勉強時間の目安から逆算してスケジュールを立てることができないと、勉強がスムーズにできなくなり結局は諦めることになってしまいます。

いかがでしょうか?

独学で合格するには独学で成功した先輩のやり方を真似するだけです。
とは言ってもとっても難易度が高いと思います。
独学で成功する人の特徴は、人生を一人でも生きていける人です。

孤独というわけではありません。

自分で物事の解決方法を探すことができる人のことです。

あなたもぜひこのような人間に近づいて独学励みましょう。
正しい方向で勉強すれば必ず独学とかは関係ありません。
頑張って志望校合格を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました